男性の作業員

引越しを安い費用で済ませるコツ|時期と日時の見極めがポイント!

値段の比較をしましょう

室内

引っ越し業者に依頼する際は複数社に見積もりを取りましょう。現在インターネットで、一括見積もりが取れるサイトもあるので活用すると便利です。なるべくお得に引っ越しするためにも、比較してから判断しましょう。

More...

決めたらすぐに動く

女性

引越は何を優先してやるかで効率的に進める事が出来ます。面倒な手続きであっても代行してくれる業者を利用する事で短時間での引越が可能です。ニーズにあったサービスを提供している業者が人気が高く、需要も途絶えません。

More...

料金交渉の際の特徴

ダンボール

引越し業者の料金体系は、基準となる通常料金はあるものの、料金交渉次第で変動の余地があり、条件がかみ合えば大幅に安い料金提示を引き出せるケースもあります。しかし、家財の中には値引きを受けることが難しいものもあります。そうした例の一つがエアコンの移設です。エアコンの移設の場合、取り付けや取り外しは専門の資格を持った業者しか行うことができません。そのため、大半の引越し業者は外部の資格を持った業者に外注する必要があるのです。また、もう一つの例がピアノや冷蔵庫などの大型の家財を2階以上の上層階から搬出したり、上層階に搬入するためにクレーン車を利用する必要がある場合です。この場合も大半の引越し業者はクレーン車を扱える資格を持った業者に外注する必要があるのです。このように、引越し業者が専門の資格を持つ専門業者に外注する必要がある場合には、外注先の業者が費用の値引きを承諾する可能性が低いため、値引きが困難になるのです。

引越し業者から安い料金提示を得るために一番重要なポイントが引越しする時期や日時の選択です。一般的に引越し業者が安い料金を提示できないのは、注文が殺到する時期です。つまり、年間で見れば新生活が始まる直前の3月末、月間で見れば月末、1週間単位で見れば週末ほど、引越しの注文が殺到しやすいために値引き交渉が困難になるのです。裏を返せば、こうした注文が殺到する時期を多少なりともずらすことができれば、安い料金の提示を引き出すことは十分に可能です。従って、引越し業者から安い料金提示を引き出すためには、日程にある程度の猶予を持った上で、引越し業者にどの日程ならどの程度まで金額を下げることができるのかについて問い合わせるというやり方が有効なのです。

新居が決まったら

片付け

新しい家に引越しをするときには、様々な手続きをする必要があります。引越し会社もあらかじめ見積もりをもらっておけばだいぶ安く利用できます。後になって慌てないように、計画的に引越し手続きをすることが大切です。

More...